Web草思
草思社HP
そこから音楽はちゃんと聴こえてくる? マンガに聴くクラシック 鈴木淳史
音楽を音楽以外で描写するのは難しい。実際は響いていない音の表現法を、大ヒットマンガ『のだめカンタービレ』から紐解く。音・音楽・メディアをめぐる痛快批評。
鈴木淳史
すずき・あつふみ 1970年山形県寒河江市生まれ。法政大学日本文学科卒業後、アングライベント・プロデューサーを経て、売文業へ(主にクラシック音楽に関する私批評)。著書に『萌えるクラシック—なぜわたしは彼らにハマるのか 』『わたしの嫌いなクラシック』『美しい日本の掲示板—インターネット掲示板の文化論 』(以上、洋泉社新書y)、『「電車男」は誰なのか—“ネタ化”するコミュニケーション 』(中央公論新社)、『クラシック批評こてんぱん』(洋泉社文庫)、『不思議な国のクラシック—日本人のためのクラシック音楽入門 』(青弓社)ほか多数。
草思社