Web草思
草思社HP
途方に暮れて、人生論 保坂和志
生きにくさに耐えること、老いるということ、善と悪の差とは何か──。小説家・保坂和志が「生きる」ということの途方もなさを、静かに間断なく思考する。
本連載は公開を終了しました。
連載は小社刊『途方に暮れて、人生論』に収録。『風の旅人』誌(ユーラシア旅行社)での連載などを併せ、全26篇。全国書店にて好評発売中!

なお「Web草思」にて保坂氏の新連載『世界はこんなふうにも眺められる』が始まりました。
途方に暮れて、人生論
最終回 「考えつづける」という意志
第9回 あの「不安」がいまを支えてくれる
第8回 私は「過去」を忘れない
第7回 教養の力
第6回 何もしないことに勤勉だった学生時代
第5回 善と悪の差は本当にあるのか?
第4回 老いることに抗わない
第3回 「土地」と一緒に生きるということ
第2回 私が老人を尊敬する理由
第1回 「生きにくさ」という幸福
著者近景
保坂和志
ほさか・かずし 1956年生まれ。早稲田大学政経学部卒業。90年、『プレーンソング』でデビュー。93年、『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年、『この人の閾(いき)』(新潮文庫)で芥川賞、97年、『季節の記憶』(中公文庫)で谷崎潤一郎賞と平林たい子賞を受賞。著書に『書きあぐねている人のための小説入門』(草思社)、『カンバセイション・ピース』『小説の自由』(ともに新潮社)などがある。
草思社